ブログ

新居は結婚相手の実家と近い方が良いのか?

この記事を読むのに要する時間:3分

いざ結婚が決まって行うことといえば入籍や挙式、そして新居の準備です。

新婚生活に向けて、新居をどこにするか(どこに住むか)悩むお二人も多いのではないでしょうか。

  • お互いが職場に通いやすい地域
  • 夫の職場の近く、夫が住んでいた部屋
  • どちらかの実家の近く

新居の場所はこのような条件、パターンから選ぶ方が多いようです。

この記事では新居選びのポイントについて解説します。

 

お互いが職場に通いやすい地域の場合

昨今は経済が不安定な状況が続いていることもあり、結婚してもしばらくは共働きしたいと考える方も増えました。

テレワークが増えてきたとはいえども共働きを希望する場合、お互いが職場に通いやすい場所を選ぶことが多いようです。

また、将来のことを見据えて新居を購入する方もいらっしゃいますし、ライフスタイルに合わせて生活場所を変えていけばよいと賃貸物件を選ぶ方もいらっしゃいます。

最も選ばれる選択肢だと言えますね。

夫の職場の近く、夫が住んでいた部屋の場合

夫が主となって働く場合は、夫の職場の近くを新居に選ぶ傾向にあるようです。

また、夫が結婚前に元々住んでいた部屋が二人入居が可能の場合や購入物件などの場合は、そこに住むことを決め、ハウスクリーニングやリフォームなどを済ませてから新居とする方もいらっしゃいます。

更にその物件を賃貸に出して、自分達は新たに新居を構えるケースもあります。

色々な工夫ができる選択肢だと言えますね。

どちらかの実家の近くの場合

実はどちらかの実家の近くの場合は、後々夫婦間で揉めるケースが多い傾向があります。

身内のサポートがあった方が出産や子育てがしやすいことを考えると、気兼ねなくサポートを頼めるという意味で妻の実家の近くに住みたいと誰もが一度は考えるでしょう。

しかし妻の実家が近くにあることで、夫は家にいても気を遣う状況が続くことはもちろん、自身の居場所がなくて安らげないということが往々にして起こります。

また、妻がその近さから実家に入り浸ってしまう状況が続けば、夫としての存在意義すらも見失ってしまう男性もいるかもしれません。

逆もしかりです。

夫が長男だからという理由で夫の実家の近くに住んだ場合、妻は毎日挨拶に行った方が良いのではないか、何か手伝いに行った方が良いのではないか… と、気疲れしてしまうことがあります。

加えて夫が実家に入り浸ってしまうのも、妻にすれば耐え難いことでしょう。

夫も妻も自分の実家の近くに住む方が気楽であることは間違いありません。

ただし、どちらかの実家の近くに住む場合は、実家に近い側の人が相手に対して感謝の気持ちと配慮を十分に持つことが肝要ではないかと私は思います。

他にも二人の間でルールを決めたり、実家と無理のない距離感を保てるような配慮ができれば、相手が不満を抱いたり気疲れすることは確実に減るでしょう。

 

よって、お二人の幸せな結婚生活のためにも、交際中にどこに住みたいのか新居について話し合うことを私はおススメします。

まだ早いと思われても、あなたとの将来を、二人の結婚生活を真剣に考えているからこそだとちゃんと伝えて話しましょう。

PAGE TOP